小さな会社のための成功戦略|プレジデントアカデミー トピックセミナー(東京開催) | 日本全国23,000人の社長が支持する経営改革プログラム|PRESIDENT ACADEMY
プレジデントアカデミー:選ばれる理由プレジデントアカデミー:セミナー情報プレジデントアカデミー:参加者の声プレジデントアカデミー:入会案内

TOPIC SEMINAR トピックセミナー

小さな会社のための成功戦略

20110809satou

佐藤 元相

NNA株式会社 代表取締役


日程: 2011年8月9日(木)
時間: ※終了しました
Pocket

企業の目的は「お客様づくり 」

 

最初に佐藤先生がお話しされたのは、企業の目的についてです。
 

多くの企業は来店客を増やすことや購入者の数を増やすことを目的にしていると思いますが、

そこを目的にしてしまえば軸がブレてしまうと先生は語りました。
 

 

では一体何を目的にすればよいのか?

 

答えは「お客様づくり」です。

 

戦術の前に考えるべき3つのこと

 


企業が考えるべきことの順番は、目的→目標→戦略→戦術で、全体を10とすれば戦術は2に過ぎないのです。

 

“お客様づくり”という目的から・目標・戦略までが8を占め、日々あくせくと実行している戦術よりもはるかに大事なのです。



 

目標・戦略はどう決める?

 


目標は「1番に選ばれる会社になること」です。

(一番集客ができる会社ではありません)戦略を考えるポイントは、①商品、②地域、③客層、④営業、⑤顧客維持の5つです。

佐藤先生は「暗記できるまで覚えて下さい!」とおっしゃっていました。私もしかと心に刻みました。

1番に選ばれる会社の事例:それぞれの1番を活かす!

 

佐藤先生は、分かりやすい具体例を使って1番に選ばれる会社をおしらせくださいました。
 

 

①工務店の式典用に特化した酒屋さん。
 

②顧問先をパン屋さんだけに絞んだ税理士さん。
 

③日本唯一の「個人通信」コンサルタントの地位を固めた蒲池さん
 

(なんとゲストスピーカーとしてご登壇頂きました!)


 

皆さん、最初はお客様を絞ってしまうことに不安を感じていたようですが、


今では、売り込まず・値切られず・喜んでいただけるビジネスを創造されています!

 

 

どんな1番で選ばれるのか、もう一度考えてみる

 

ご講演が終わって、自分自身は「どんな1番でお客様に選ばれるのだろう?」と考えました。

企業が標榜している「1番」に自分が貢献するのは当然ですが、

会社の中でも「○○のことなら●●に聞けばOK!」という分野を増やしていこうと強く思ったご講演でした。
 

 

決して難しい言葉はお使いにならないのに、

とても大事なことを分かりやすく教えて下さった佐藤先生、本当にありがとうございました!


 

20110809satou

佐藤 元相

NNA株式会社 代表取締役


1962年大阪生まれ。No.1戦略コンサルタント。ランチェスター法則を竹田陽一氏から学び、コミュニケーションを木下通之氏から学んだ。その後、独自の手法でコンサルティングノウハウを蓄積。営業戦略コンサルティング・講演・経営塾を中心に活動。現場徹底主義。大阪を中心に全国、中国上海・北京まで活動中。元気で明るくイキイキがモットー。著書:「小さな会社★NO.1のルール ランチェスター経営1位作りの成功戦略」(フォレスト出版)、「小さな会社★主客ルール ランチェスター経営作りの成功の戦略」〈フォレスト出版〉

Copyright © プレジデントアカデミー by Business Bank Group.  All rights reserved.