仕事の効率を3倍上げるスマートフォン活用法|プレジデントアカデミー トピックセミナー(東京開催) | 日本全国23,000人の社長が支持する経営改革プログラム|PRESIDENT ACADEMY
プレジデントアカデミー:選ばれる理由プレジデントアカデミー:セミナー情報プレジデントアカデミー:参加者の声プレジデントアカデミー:入会案内

TOPIC SEMINAR トピックセミナー

仕事の効率を3倍上げるスマートフォン活用法

20101013yamawaki

山脇 智志

キャスタリア株式会社 代表取締役


日程: 2010年10月13日(水)
時間: ※終了しました
Pocket

スマートフォンの可能性とは?

 

スマートフォンの普及は、新しいワークスタイルを生み出しました。

日本でも年々、スマートフォンへの注目度が高くなり、利用者も増加しています。



スマートフォンは、一体どんな可能性をもたらしてくれたのでしょうか?


その可能性を最大限に引きだすには、どうすればよいのでしょうか?


 

その疑問にお答えするために、「仕事の能率を3倍あげるスマートフォン活用術」、

セミナーを開催しました。



 

セミナー会場に集まったみなさんは、なんと7割以上がスマートフォンを利用中!


しかし、実際には、多くの方が、うまく有効活用できていないな。と感じているようでした。

 



山脇先生は、キレのあるのトークで、スマートフォンの歴史や主な特徴、

具体的な活用法などわかりやすく説明して下さいました!!


 

スマートフォンの主な特徴

 

スマートフォンの主な特徴は、


1) 時間をつくる。

2) 素早く反応。

3) いつでもどこでも。



 

 

すき間時間に、スマートフォンを利用することで短時間でのメール返信、

資料閲覧で、時間をより有効活用できるようになります。

 

また、アイディアを気軽にいつでも・どこでも記録することができるため、

場所や時間に制限されずに、仕事ができるようになります。


 

今までは、オフィスの中など限定された空間での仕事が主でした。

しかし、スマートフォンを上手く使うことによって場所を問わずに、

情報共有が容易になり仕事をする事が可能となりました。

 

好きなスマートフォンを買ってください。

 



どこのスマートフォンを買えばよいですか?という質問に、

「好きなスマートフォンを買ってください。」と答える山脇先生。

 

機能やデザインも多様化して、スマートフォンの選択肢も広がりました。

だからこそ、ライフスタイルに合わせて、スマートフォンを選んで欲しいと思います。



 

日々の可能性をもっと広げること。スマートフォンの有効活用は、

より豊かなワークスタイルを実現させるのです! 山脇先生、ありがとうございました。

 

時間をいかにして作るか?など山脇先生のスマートフォン利用法を聞いて、

自分も、日常的に使用し、時間を有効に使いたいと思いました。

 

ビジネスで使うスマートフォンの可能性がわかりました。

また、山脇先生のスマートフォンの知識と行動力がすごいと思いました。
お勧めアプリを知ることができました。

 

20101013yamawaki

山脇 智志

キャスタリア株式会社 代表取締役


1970年鳥取県生まれ、国学院大学卒。英語通信教育会社勤務を経て、その後ニューヨークへ留学。 Radio Pacific Japan(Los Angeles,CA)に勤務しネットとFMラジオのメディアミックスによる番組を制作。その後U.S.Japan Business News Inc.(New York)のマーケティング/セールスディレクターを経て、2000年にBusium Inc.をNew Yorkに設立。2005年4月より本社移転で東京に移り、ネットでの音声コンテンツ販売事業の担当役員を経て同年11月末同社退社。キャスタリア株式会社 を設立し、同社代表取締役就任。

Copyright © プレジデントアカデミー by Business Bank Group.  All rights reserved.