『働く意味』|プレジデントアカデミー プレミアムセミナー(東京開催) | 日本全国20,000人の社長が支持する経営改革プログラム|PRESIDENT ACADEMY
プレジデントアカデミー:選ばれる理由プレジデントアカデミー:セミナー情報プレジデントアカデミー:参加者の声プレジデントアカデミー:入会案内

PREMIUM SEMINAR プレミアムセミナー

『働く意味』

20110705kanemoto

兼元 謙任

株式会社オウケイウェイヴ 代表取締役社長


日程: 2012年2月2日(木)
時間: ※終了しました
定員: 100名
Pocket

ギランバレー症候群  壮絶ないじめ経験  仲間からの裏切り  ホームレス

 

 


あらゆる苦難を乗り越え、国内初のQ&Aサービスを展開する株式会社オウケイウェイヴを創業。

 

セントレックス上場まで導いた兼元氏。

 

 



「無意識の思い込み」を取り払いビジネスで成功を収めるためには

 

常識に縛られず、常識を疑うことが肝心だと兼元氏は伝えます。


 

 

『感覚が視点をつくる 視点が認識をつくる 認識が行動を促す』

 

 


というカントの言葉を引用し、まずは人と違う感性を磨くことが成功への近道だと言います。

 

 

波乱万丈な半生を歩みながらも、そこから成功してきた兼元氏のおっしゃる言葉は

 

一言一言が私の心に重く響きました。


 

 

壮絶な体験を不屈の精神力で乗り越えてきた兼元氏に

 

これからの時代を生き抜く起業家のためにメッセージを頂きました。

 



「第三者からの太鼓判を得よ」
スタートアップが抜きん出るためには

 

第三者からの太鼓判が重要なのだと兼元氏は言います。

 

 






オウケイウェイヴでは

 

□ Q&A特許を他社に先駆けていち早く取得


 

□ Microsoftからのデューデリジェンス

 

□ 経済産業省からのグッドデザイン賞


 

□ ISO取得

 


など、あらゆる角度から第三者からの評価を得る事で

 


知名度を飛躍させることに成功したのです。

 


「あきらめない」が座右の銘だという兼元氏。


 

どんな困難にも感謝して肯定的に受け止めているからこそ

 

オウケイウェイヴはここまでの発展を遂げたのだと私は思います。

 

 



全ての起業家に届けたいメッセージが詰まった素晴らしいセミナーでした。

 


成功する起業家に必要なマインドを、私自身も実践していきたいと思います。

20110705kanemoto

兼元 謙任

株式会社オウケイウェイヴ 代表取締役社長


1966年7月愛知県生まれ。愛知県立芸術大学卒業、株式会社GK京都、株式会社ダイワ、株式会社イソラコミュニケーションズを経て、1999年株式会社オウケイウェイヴの前身、有限会社オーケーウェブを設立。2000年2月より現職。日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」(http://okwave.jp)の運営と、関連する企業向けサービスを提供。株式会社オウケイウェイヴは2006年6月に名証セントレックスに株式上場。2008年3月には米国マイクロソフトとの資本・業務提携を締結。2012年中の20ヶ国語、200ヶ国へのサービス提供を目標としています。主な著書に『グーグルを超える日』(ソフトバンク クリエイティブ)、『ホームレスからのリベンジ』(小学館)、『ホームレスだった社長が伝えたい働く意味』(大和書房)、『これで僕はホームレスから上場企業の社長になった1日1枚成功シート』(東洋経済新報社)、『元ホームレス上場企業社長のリアルな「お金」の話』(こう書房)など。

Copyright © プレジデントアカデミー by Business Bank Group.  All rights reserved.