[無料]資料請求 セミナー
お問合せ TOP
HOME > 浜口隆則の経営論 > 浜口隆則の経営論 Vol.9:社長の給与は残り物

浜口隆則の経営論 Vol.9:社長の給与は残り物

記事が役に立ったらシェアお願いします/

 

 

 

自分の給与を「最初に」取っていないか?

 

 

「社長の給与は残り物」

 

 

これが成功し続ける経営者の考え方

 

 

仕事というのは、自分に与えられた役割をまっとうした時に、
報酬をもらう権利が生じる。

 

 

経営者の仕事とは、経営という「関わるすべての人を幸せにする仕組み」が
永続するために必要な「あらゆること」をすることだ。

 

 

しかし、それが出来ていないのに、
報酬だけ取ろうとする経営者が多過ぎる。
だから、失敗する。

 

 

自分の報酬を増やしたかったら、
残り物で溢れるくらいの会社にすればいい。
それが残り物なら、経営者はいくら給与を取ってもかまわない。
年収3000万円でも、年収1億円でも、一向にかまわない。

 

 

残り物がどれだけ大きかろうが、
それが、そういう会社をつくった経営者の報酬だ。

 

 

「社長の給与は、最後に決まる」

 

 

それは厳しくて大変なことだ。
しかし、だからこそ、社長の給与は青天井で、夢もある。

 

 

― 浜口隆則・著『社長の仕事』より抜粋

 


 

浜口隆則の書籍『社長の仕事』を自社に落とし込みたい方は、
まずは資料をご請求ください!

 

記事が役に立ったらシェアお願いします/


関連記事

  • お問い合わせ
    日本一の開催地域数を誇る社長の学校で「会社変革メソッド」をお届けします!

    お試し受講のご相談やおすすめのスタートタイミング等、大小問わずお気軽にお問い合わせください。
    経験豊富な担当者がお応えいたします。

    03-6913-0220 平日 10:00 ~ 18:00 (土日祝休み)
    メールで問い合わせる
  • 資料のご請求
    「社長の学校」資料がお手元に届く!

    日本全国24,000名の経営者が支持する「社長の学校」プレジデントアカデミーの詳細資料を郵送にてお届けします。

    資料のご請求
    資料