原マサヒコ 氏による経営セミナー「小さな会社のための【トヨタ式PDCA】〜最強カイゼン・メソッド〜」|経営セミナー | 日本全国18,000人の社長が支持する経営改革プログラム|PRESIDENT ACADEMY
プレジデントアカデミー:選ばれる理由プレジデントアカデミー:セミナー情報プレジデントアカデミー:参加者の声プレジデントアカデミー:入会案内

PREMIUM SEMINAR プレミアムセミナー

Pocket

小さな会社のための【トヨタ式PDCA】〜最強カイゼン・メソッド〜

 小さな会社のための【トヨタ式PDCA】〜最強カイゼン・メソッド〜

 

 

 

こんなことでお悩みの社長はぜひご参加ください!

 

  ● 社内で同じ問題・同じミスが繰り返し起こる・・・

 

  ● 社員が「言われたこと」しかやってくれない・・・

 

  ●仕事にムダが多い・・・

 

  ● トヨタ式カイゼン方式を実践したいが、
    製造業でない自分の業界への取り入れ方がわからない・・・

 

  ● 残業時間が長い・チームの生産性が上がらない・・・

 

  ● 「やろう!」と決めたことが継続されない・・・

 

 

 

  今回はこのような悩みを抱えている社長に、特にオススメの内容です!

 

 

 【PD病】の恐怖を知っているか?

 トヨタが世界的に注目されている理由の1つが、

  「カイゼン」活動と呼ばれるものです。

 

 トヨタが世界のトップで
 戦い続けられる秘訣が、ここにあると言われています。

 

 その「カイゼン」活動は、
 次のようなサイクルで行われます。

  P → D → C → A

 このサイクルは、多くの方がご存知のことと思います。

 

 

 しかし、実際に実践しようと思うと、
 多くの会社が壁にぶつかります。

 一見すると単純に見える、このサイクルが
 うまく回らないのです。

 

 なぜ、うまくいかないのでしょうか。

 

 実は、多くの会社が「PD病」と呼ばれる病にかかっています。

 多くの会社ではP(=計画)の割合が20%、
 D(=実行)の割合80%ぐらいの比率になることが多いもの。

 しかし、ここで止まってしまっている場合が
 非常に多いのです。

 

 実行の後には、必ず「結果」が待っています。

 結果を見て「成功 or 失敗」を判断するだけではなく、

  「もっとこうしたほうがうまくいったのではないか」
  「予想もしていなかった、こんなニーズに気付いた」

 などの意見を共有するC(=評価)こそが重要なのです。

 

 今回のセミナーでは、PD病を乗り越えて、どんな会社でも
  「カイゼン・サイクル」を回すための方法をお伝えします!

 

 

 

 

 

トヨタ式の「カイゼン」活動は、実はPDCAではない!?

 
 
 トヨタ式の「カイゼン」活動は、
 私たちが聞き慣れた「PDCA」ではありません。

 実は「PDCA“S”」というサイクルを回しているのです。

 

 

  P = プラン    : 計画
  D = ドゥ     : 実行
  C = チェック   : 評価
  A = アクション  : カイゼン
  S = スタンダード : 標準化

 

 

 この“S”こそが重要なポイント!

 これがPDCAサイクルをA(=カイゼン)で終わらせず、
 新たなP(=計画)へ再び回し続けるために大切な工夫なのです。

 

 それでは、PDCASのサイクルは、
 どうやれば会社できちんと実践ができるのでしょうか?

 

 ここでは、各項目のキーワードだけをお伝えします。
 詳細は、セミナー会場でご確認ください!

 

 <P = プラン:計画>
  ・決め手は「見える化」
  ・計画は「算術よりも忍術」

 

 <D = ドゥ:実行>
  ・100%は目指さなくて良い!

 

 <C = チェック:評価>
  ・三現主義(現地・現物・現実)
  ・モグラ叩きはするな!

 

 <A = アクション:カイゼン>
  ・「離れ小島」はつくるな!
  ・今の方法が一番と思ってはいけない
  ・停滞は後退と同義語である

 

 <S = スタンダード:標準化>
  ・横展思考を身につけよう
  ・誰でもできる仕組みをつくろう

 
 
 

講師紹介

原マサヒコ氏

まんがで身につくPDCA トヨタの自分で考える力 新人OLひなたと学ぶ どんな会社でも評価されるトヨタのPDCA 世界中で採用されているのに日本人だけが使っていない日本流の働き方 アクセルを踏みこめ

原 マサヒコ 氏

株式会社プラスドライブ代表取締役CEO


1996年、神奈川トヨタ自動車株式会社にメカニックとして入社。
5000台もの自動車修理に携わりながら、トヨタの現場独自のカイゼン手法やPDCAサイクルを叩き込まれる。


トヨタ流のカイゼンやPDCAサイクルを常に意識した結果、技術力を競う「技能オリンピック」で、最年少優勝に輝く。
さらにカイゼンのアイデアを競う「アイデアツールコンテスト」でも2年連続全国大会出場を果たすなど活躍。


IT業界に転身後は、PCサポートを担当したデルコンピュータでは「5年連続顧客満足度No.1」に貢献。


現在はWEBマーケティング会社のCEOとして、クライアント先のWEBサイト改善やマーケティング施策の推進業務を担当し、日々カイゼンしながらPDCAを回している。


第19代総理大臣“原敬”の子孫でもある。

セミナー詳細

日程: 2016年7月13日(水)
時間: 19:00〜20:30
会場: アットビジネスセンター渋谷東口駅前 402号室
定員: 60名

セミナー受講費

初めてご参加の方 2回目以降のご参加の方
一般 5,400円(税込) 16,200円(税込)
会員 無料
Copyright © プレジデントアカデミー by Business Bank Group.  All rights reserved.