vol.035 『エバンジェリスト養成講座』|プレジデントアカデミー セミナーDVD | 日本全国23,000人の社長が支持する経営改革プログラム|PRESIDENT ACADEMY
プレジデントアカデミー:選ばれる理由プレジデントアカデミー:セミナー情報プレジデントアカデミー:参加者の声プレジデントアカデミー:入会案内

SEMINAR DVD セミナーDVD

エバンジェリスト養成講座

西脇 エバンジェリスト

西脇 資哲 氏

日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト


日程: 2012年5月24日(木)
時間: *終了しました
Pocket

 

日本マイクロソフト株式会社テクニカルソリューションエバンジェリスト

西脇 資哲 氏にお越しいただき、

「エバンジェリスト養成講座」というテーマでご講演いただきました。

 

エバンジェリストの魅力、必要性についてこのレポートでお伝えしていきます。

 

 

エバンジェリストとは?

  

マイクロソフト社はマイクロソフトの技術や製品についてより深く理解してもらうために

「エバンジェリスト」という役職を作り、開発者を中心とした啓蒙活動を続けています。

 

エバジェンリストは、各種の啓蒙活動によって、

ITエンジニア達に最新技術の利点や価値を伝える役割を担い、

マイクロソフト社に17〜18人ほどいると仰っていました。

 

ただ、間違っていけないのは、エバンジェリストは営業職ではなく、

プレゼンテーション能力を磨き商品理解を

高めるための活動をしているという事です。

 

 

伝わるプレゼンテーション

 

 そもそもプレゼンテーションのゴールとはなにか?

 

それは、集まった人数ではありません、伝わったかどうかが大切なのです。

そう語る西脇氏から、以下の様なプレゼンテーションの極意を教わりました。

 

1. 何を伝えるかを先に決める(順位をつける)

 

これによってオーソドックス型、ビジー型、

フラッシュプレゼンテーション、機能説明型、

完全比較型やスティーブジョブス型などと

プレゼンテーションの種類を変えていく必要があります。

 

2. 人数によって構成は変わる

 

人数が少ないときは相手の視点誘導がしやすいので

最初のスライドの情報は多めで情報を与えることが大切です。

 

それに対して、相手が大人数の場合は視点誘導のテクニックが必要で、

印象を与えるようなプレゼンをしなければならない。

 

 話で人をうごかすということは無関心だった層を関心させる、

若しくは関心ある層をより強力に近づけることであり、

魅力ある話し方が必須になってきます。

 

絶対に最初からトップのエグゼクティグ層にアプローチできないので、

まずは会社の入り口から順に強烈なプレゼンをして指名・紹介していただいて

トップに近づいていったという体験談を数多く持っていらっしゃいました。

 

その体験談を踏まえ、究極に大切なことは

シナリオには起承転結をもたせること」と語られました。

 

 

プレゼンテーションの準備ですべきこと

 

特に、エグゼクティブはプレゼンの過程を評価する傾向が大きいため、

表紙のタイトル、発表者、日付、プレゼンテーションの開始までの画面と裏表紙の準備など

基本なことも、始まりと終わりがしまるので準備すべきだとご教授頂きました。

 

そして、時系列の変化を説明したいときは表、グラフは昭和のグラフではなく

21世紀な立体的な見やすいグラフをつくるように使い分けをし、

情報を伝えるときはすべて右肩上がりのグラフを用いるべきだと仰っていました。

 

実際に有名なコンサルティングファーム「マッキンゼー」での資料は、

すべて右肩上がりのデータであるそうです。

 

ここまで考えて準備してプレゼンに望むからこそ、

西脇氏のような素晴らしいプレゼンテーションが完成されるのでしょう。

 

 

感想

 

本セミナーでは、西脇氏のプレゼンテーションスキルをすべて出しきっていただき

準備からプレゼンの終了までの細かな言動や動きまでもご教授いただきました。

 

1時間半という短時間でここまで喋っていただいたのも、

西脇氏のプレゼン能力が素晴らしいものであったからだと存じます。

 

エバンジェリスト西脇氏が、今後も多くの人々に影響をあたえると共に、

本セミナーをみて多くの人々のプレゼンテーションスキルが向上すれば幸いです。

西脇 エバンジェリスト

西脇 資哲 氏

日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト


IT業界の著名カリスマエバンジェリストの一人。エバンジェリストとはわかりやすく製品やサービス、技術を紹介する職種。現在はマイクロソフトにて多くの製品・サービスを伝え広めるエバンジェリスト。1990年代から企業システム、データベース、Java、インターネットのビジネスに関与し、1996年から約13年間オラクル社にてエバンジェリストとして従事。その後、2009年にマイクロソフト社にてエバンジェリスト活動を継続。コミュニケーションやデモンストレーションといった分野での講演や執筆活動も行い、IT 企業だけでなく、製造業、金融業、官公庁でのプレゼンテーション講座を幅広く手がける。著書に「エバンジェリスト養成講座~究極のプレゼンハック100~」など。

Copyright © プレジデントアカデミー by Business Bank Group.  All rights reserved.