[無料]資料請求 セミナー
お問合せ TOP
HOME > 「経営の12分野」メソッドを知る > チームビルディング > チームビルディングQ&A⑤:古参社員と新社長の関係性の作り方

チームビルディングQ&A⑤:古参社員と新社長の関係性の作り方

記事が役に立ったらシェアお願いします/

【今回のQ&Aはこちら】=====

Q. 古参社員と新社長の関係性の作り方

================

A.

ここは代継ぎの会社さんで、
よく話題に出るところですよね。

そして、とても難しいテーマです・・・。

僕が、いろんな会社さんを
見てきた中での見解では

「①長期的に取り組むしかない」
「②ある程度の諦めが必要」

という感じですね。

理論としては

「話す機会を増やし、
 相互理解を深めていく」

となるのですが、
これは実際には難しい場合が多いです。

(古参社員さんが、割と頭が柔らかく、
 代継ぎを歓迎しているムードであれば、
 話は別です。

 多くの場合、真逆の状態かと思います。)

なので
「①長期的に取り組む」と決めます。

そして、
古参社員さんに本当の意味で
「変わってもらう
(新しい会社の方針・価値観を
 深く浸透する)」
ことは諦めます
(「②ある程度の諦めが必要」ですね)。

古参社員さんには

「なるべく会社の転換を
 邪魔しないでもらう」ことを目指し、

少しづつ若手を抜擢・登用して、
経営陣の一新を進めていきます。

これが、
現実的な方法ではないかと思います。

もちろん、古参社員さんたちは、
今までの会社をつくり、
支えてきてくださった大事な存在です。

なので、しっかりと敬い、
大切に接していくべきだと思います。

ただ、大きな会社の転換をはかる際には、
深刻な反対勢力となりやすいものです。

敬意を払いつつ、少しづつ転換していく。
これが唯一の方法かと思います。

また、状況にもよりますが、
古参社員さんが

「若社長を見極めている」
というパターンもあります。

この際には、早い段階で
「小さな成功」を見せることで、
反対勢力が弱まることもあります。

ここは、本当に難しい課題ですよね。

上記、簡単ですが、
少しでも参考になれば幸いです!

記事が役に立ったらシェアお願いします/


関連記事

  • お問い合わせ
    日本一の開催地域数を誇る社長の学校で「会社変革メソッド」をお届けします!

    お試し受講のご相談やおすすめのスタートタイミング等、大小問わずお気軽にお問い合わせください。
    経験豊富な担当者がお応えいたします。

    03-6913-0220 平日 10:00 ~ 18:00 (土日祝休み)
    メールで問い合わせる
  • 資料のご請求
    「社長の学校」資料がお手元に届く!

    日本全国24,000名の経営者が支持する「社長の学校」プレジデントアカデミーの詳細資料を郵送にてお届けします。

    資料のご請求
    資料