入会する
お問い合せ TOP
HOME > 「経営の12分野」メソッドを知る > ミッション > ミッションQ&A②:社員へのミッションの伝え方

ミッションQ&A②:社員へのミッションの伝え方

記事が役に立ったらシェアお願いします/

【今回のQ&Aはこちら】=======

Q. 社員へのミッションの伝え方について

===================

A.

ミッションの「浸透」ですね。

ココに関しては
下記の「4つの段階」があります。

▼ミッション浸透の4ステップ・・・・・

 1.知る
 2.理解する
 3.できる
 4.教える

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<第1ステップ>===========

第1ステップは「知る」です。

ミッションに関しては
「伝え方」を考えるよりも、

「社員がミッションに触れる環境」を
いかにつくるかが重要です。

第1ステップでは、とにかく
「ミッションが社員の目に触れる場」を
つくっていきましょう。

そのためには「名刺」はもちろんのこと、
Webサイトや、各種フライヤー、
メールのフッターなど、

あらゆる場所にミッションを入れていく
必要があります。

社内でも社外でも
目に触れる場所をつくっていけば、
自ずと社員も、社外の方から

「ミッションについて質問される機会」
「ミッションが話題に登る機会」が
増えていきます。

<第2ステップ>===========

第2ステップは「理解する」です。

ミッションはとても抽象度が高いので
(それが特徴であり、強みでもある)、

その文言を暗記するだけでは
「日々の仕事に落とし込む」ことが
できません。

「ミッションを目指すために、
 何をすればいいの?」まで分解し、
落とし込む必要があります。

オススメの方法が、
社内の共通価値観となる「クレド」を
作成することです。

クレドとは
「この会社で働くメンバー全員が
 大切にすべき価値観」のこと。

クレドを作成することで、
ミッションはより身近になります。

加えて、
「ミッションやクレドについて
 話し合う場」を設けることが重要です。

「自分たちのミッションは何なのか」

「達成のためには、
 何をしなければならないのか」

「自分たちに足りないものは何か?」

などなど。

ミッションやクレドを考えるためだけの
会議の場を設けましょう。

「メンバーがミッションを
 咀嚼して考える場」を設けることで、
ミッションの浸透度が上がっていきます。

<第3ステップ>===========

第3ステップは「できる」です。

「ミッションに沿って
 行動するとはどういうことなのか?」

「クレドに即した行動とは、
 どういうものなのか?」を
社員理解できる環境をつくっていきます。

例えば、
リッツ・カールトンホテルでは、
毎朝の朝礼で

「クレドに即した
 行動をしたホテルマン」を讃えます。

そして、

「名前」
「実際の行動」
「どのクレドに即しているか」

という情報を社員食堂や、
社内の情報共有の仕組みなどで
発信していきます。

こうすることで、他のメンバーも

「こういう行動が、
 ミッションに即したものなのだな」を

理解することができ、
同じような行動を目指すようになります。

これが積み重なっていくと、
会社の「文化」や「風習」へと
育っていきます。

<第4ステップ>===========

第4ステップは「教える」です。

ミッションやクレドに即した「行動」が
できるようになったメンバーには

「他のメンバーに
 ミッションやクレドを教える場」を
つくることが効果的です。

なぜかというと

「人に教えるためには、
 教える本人が一番、
 内容を理解している必要がある」から。

「人に教える機会」を通して最も学ぶのは
「教える本人」なのです。

こうした場を設けることで、
「教えるメンバー」の理解も深まり、

「新しいメンバー」にも
ミッションやクレドの浸透を
進めることができます。

この仕組みがしっかりと構築されると、
社長が現場に居なくても、
ミッションの浸透が進むようになります。

 

 

 


 

” 社長の仕事を知る ” なら
社長の学校
「プレジデントアカデミー」!
まずはこちらのページをご覧ください!

記事が役に立ったらシェアお願いします/


関連記事

  • お問い合わせ
    日本一の開催地域数を誇る社長の学校で「会社変革メソッド」をお届けします!

    お試し受講のご相談やおすすめのスタートタイミング等、大小問わずお気軽にお問い合わせください。
    経験豊富な担当者がお応えいたします。

    03-6913-0220 平日 10:00 ~ 18:00 (土日祝休み)
    メールで問い合わせる
  • 入会申し込み方法
    「社長の基本を知る」プログラムに申し込む

    日本全国30,000名の経営者が支持する「社長の学校」プレジデントアカデミー。「社長の基本を知る」ことをご支援いたします。

    申し込む
    資料