入会する
お問い合せ TOP
HOME > 「経営の12分野」メソッドを知る > 経理財務 > 経理・財務Q&A③:計器の計測手段の決め方(棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフなど)

経理・財務Q&A③:計器の計測手段の決め方(棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフなど)

記事が役に立ったらシェアお願いします/

【今回のQ&Aはこちら】====

Q.

計器の計測手段の決め方
(棒グラフ、円グラフ、折れ線グラフなど)

================

A.

ざっくりとした分類は以下となります。

「何を見たいのか」の目的に応じて、
以表現方法を使い分けてみてください!

【表現方法の分類】ーーーーーーー

◯ 棒グラフ

 大きさ・量を比較したい場合。

 ・・・・・・・・・・・・・・・

◯ 円グラフ

 比率・割合を把握したい場合。

 ・・・・・・・・・・・・・・・

◯ 折れ線グラフ

 時系列の変化を掴みたい場合。

 ・・・・・・・・・・・・・・・

◯ 散布図

 2種データ間の相関関係を見たいとき。
(回帰分析、重回帰分析など)

 ↑上記2つの分析は
  孫正義さんが最重要視しています。

 ・・・・・・・・・・・・・・・

◯ 信号(赤・黃・青)
 安全度をわかりやすく表示したり、
 進捗具合を直感的に表示したい場合。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

上記を単体で使う他、
組み合わせて使っていくと、
様々なパターンが考えられます!

ぜひ、様々な表現を
模索してみてください!

 

 

 


 

” 社長の仕事を知る ” なら
社長の学校
「プレジデントアカデミー」!
まずはこちらのページをご覧ください!

 

記事が役に立ったらシェアお願いします/


関連記事

  • お問い合わせ
    日本一の開催地域数を誇る社長の学校で「会社変革メソッド」をお届けします!

    お試し受講のご相談やおすすめのスタートタイミング等、大小問わずお気軽にお問い合わせください。
    経験豊富な担当者がお応えいたします。

    03-6913-0220 平日 10:00 ~ 18:00 (土日祝休み)
    メールで問い合わせる
  • 入会申し込み方法
    「社長の基本を知る」プログラムに申し込む

    日本全国30,000名の経営者が支持する「社長の学校」プレジデントアカデミー。「社長の基本を知る」ことをご支援いたします。

    申し込む
    資料