入会する
お問い合せ TOP
HOME > 「経営の12分野」メソッドを知る > 集客力 > 集客力Q&A②:顧客の「壁」と露出ポイントを明確に気づいていくためのポイントをアドバイスして欲しい

集客力Q&A②:顧客の「壁」と露出ポイントを明確に気づいていくためのポイントをアドバイスして欲しい

記事が役に立ったらシェアお願いします/

【今回のQ&Aはこちら】=======

Q.顧客の「壁」と露出ポイントを
明確に気づいていくための
ポイントをアドバイスして欲しい

===================

A.

これは
「顧客の視点に立つ」ことに尽きます。

下記の3ステップを試してみてください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【1】顧客を描く

 まずは、
 顧客像を明確に描いていきます。

 このとき
 「実在する友人のように」語れるまで、
 顧客を詳細に描いていきます。

 事業の運営年数が長い場合には、
 既存顧客の中から

 「◯◯さんのような人」

 というのを2〜3人、
 選び出すのでもかまいません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【2】顧客を「日常の時間軸で」動かす

 次に、露出ポイントを考えていきます。

 この際には【1】で描いた
 理想の顧客を「1日24時間」の中で、
 実際に動かしていきます。

 平日は、どんな動きをしているのか?
 何から情報収集しているのか?
 休日はどうか?

 を具体的に描いていきます。

 そうすると

「ココだったら、
  この顧客にアプローチできるのでは?」

 というポイントがみえてきます。

 例えば、直近であれば

  ◯10代〜20代
  ◯女子大生
  ◯流行に敏感な層

 という顧客に、アプローチしたければ
「タピオカ屋さん」などに
 広告を置いてもらえば、
 情報を届けることはできそうです。

 あとは「店舗ビジネス」の場合には
「地域へのチラシ配布」も、
 鉄板の方法です。

 店舗の場合はやはり、
 近隣住民(自転車・車で通える範囲)が
 主要な顧客となるので、
 そこに向けてチラシを配布していきます。

 この際にオススメなのが
「広告チラシ」を配布するのではなく、
 ニュースレターを配布すること
(9月の経営の12分野で
      詳しくみていきます!)。

 継続的に行うことで、
 見込客の有効なフォローとなり、
 顧客化が望めます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【3】顧客を
  「購入までの段階ごとに」動かす

 最後に、「顧客の壁」を考えていきます。

 この際には【1】で描いた
 理想の顧客を「購入までの段階ごとに」
 動かしていきます。

 具体的にはスタッフ数人と共に集まり、
 下記の流れを考えていきます。

 ①顧客が自分たちのサービスに気づく

 ↓

 ②興味を持つ

 ↓

 ③検討する

 ↓

 ④購入する

 ↓

 ⑤使う

 ↓

 ⑥満足する

 ↓

 ⑦ファンになる

 この、それぞれの場面で
「顧客が何を想い」
「どんな行動をしているのか」を
 書き出していくのです。

「商品に気づく〜ファンになる」までの
 全行程を顧客目線でたどってみることで、
 様々な気付きが得られます。
(「カスタマージャーニー」と
          呼ばれる方法です)

「壁」を発見するために、
 非常に有効な手段なので、
 ぜひ、取り組んでみてください!

 

 

 


 

” 社長の仕事を知る ” なら
社長の学校
「プレジデントアカデミー」!
まずはこちらのページをご覧ください!

記事が役に立ったらシェアお願いします/


関連記事

  • お問い合わせ
    日本一の開催地域数を誇る社長の学校で「会社変革メソッド」をお届けします!

    お試し受講のご相談やおすすめのスタートタイミング等、大小問わずお気軽にお問い合わせください。
    経験豊富な担当者がお応えいたします。

    03-6913-0220 平日 10:00 ~ 18:00 (土日祝休み)
    メールで問い合わせる
  • 入会申し込み方法
    「社長の基本を知る」プログラムに申し込む

    日本全国30,000名の経営者が支持する「社長の学校」プレジデントアカデミー。「社長の基本を知る」ことをご支援いたします。

    申し込む
    資料