入会する
お問い合せ TOP
HOME > ブログ > 【経営コラム】「振り子」を制するものが「時代」を制す

【経営コラム】「振り子」を制するものが「時代」を制す

記事が役に立ったらシェアお願いします/

突然ですが、
あなたに質問です。

「固めプリン」を
知っていますか?

何かと言うと、
最近、大ヒットしている商品。

ツイッターでは
トレンドワード入り。

インスタグラムなど、
各種SNSでも話題。

クックパッドなどのレシピサイトでは
検索数が急上昇しています。

さて、そんな「固めプリン」。

どんな商品なのかというと・・・

喫茶店が出していたような、
昔ながらの懐かしいプリンなのです。

▼ こんな感じのプリンです
https://www.instagram.com/explore/tags/固めプリン

「え、何で普通のプリンが、いまさら?」

それが、今回のテーマ。

「なぜ、昔のものが再び流行るのか」

その鍵は
「振り子」にあるのです。

どういうことかというと・・・。

 

 

1. 「振り子」現象とは?

 

「時代は繰り返す。」

よく耳にする言葉です。

最近で言えば・・・

◯女子高生に「写ルンです」がヒット
◯カセットテープ、レコードが人気
◯80年代ファッションがトレンド

などなど。

いつの世も
時代は繰り返していきます。

これ、どの業界も同じなんですね。

冒頭のプリンの場合、
もともとは「固め」が主流でした。

そこから「トロンとした」
やわらかプリンが出てきて大ヒット!

(「パステル」などが有名ですね!)

そして今では
「やわらかプリン」が主流となっています。

「だから、逆に」、
固めのプリンが「新しい!」のです。

これが、「振り子」現象。

「ん、どういうこと!?」

 

 

2. 「振り子」は揺れるよ、どこまでも

 

どんな物事でも、
振り子は揺れ続けていきます。

図で表すと、以下のイメージです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 出発点     目標点
  A → → → B

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 
まず、Aを経験している人が、
そこに何らかの課題を感じます。

そして、
B地点へと向かい始めるのです。

そうすると、Aの人は
「AとBが両方ある状態」を経て、

「Bが主流の状態」へと
たどり着くわけですね。

そして、しばらくは、
そんな世の中が続いていきます。

すると今度は
「Bしか知らない人」が
生まれてくるのです。

どんな物事にも
「完璧」はありえません。

しばらくすると、
Bに疑問や課題を感じる人が出てきます。

そうすると、不思議なことに、
Bの人がAを目指し始めるのです。

Aも長いこと、
世の中にあったもの。

十分に「良さ」がありますし、
「機能」します。

こうして「いまさら!?」と思うことが、
再びヒットしたりするのです。

最近で言えば「Z世代」と呼ばれる
「生まれながらにITが当たり前」の
世代が世の中に出てきています。

この世代は生まれながらに
「バーチャルが当たり前」。

今回の話の流れで言えば、
この世代は「振り子を振り戻して」

「リアル」を求めはじめることが
予測できるわけですね。

この世代は、これから
世の中を支える世代へと
成長していきます。

「リアル」を見据えたビジネスは
大いに可能性があると
予測できるのです。

そしてこの「振り子現象」は、
ビジネスにも、
大いに活用することができます。

ただし、活用の際には、
気をつけなければならない
ポイントがあるのです。

ココを外すと、とても危険。
しっかりと押さえてください!

そのポイントとは・・・?

 

3. 「オーパーツ」を発掘せよ!

 

こうした「再ヒットの種」を、
僕は「オーパーツ」と呼んでいます。

「多くの人が存在を忘れてしまっているけど、
 ヒット能力のある分野・商品」ですね。

ココを見つけ、ビジネス化していくと、
ヒットの可能性が高い。

ただ、一つだけ、
注意点があります。

それは・・・

「振り子は“振りはじめに乗る”が鉄則」

ということ。

振り子は、一定のサイクルで
行ったり来たりしています。

その際の
「振りはじめ」を見極めることが、
経営者にとっては、とても重要です。

「大きく振れてしまった後」に
そこに乗っても、
後には「衰退」しかないのです・・・。

(例えば、冒頭の「固めプリン」も、
 もう遅いくらいのタイミングです。)

経営者は、現状のビジネスを
しっかりと維持しながら、

振り子が逆に触れる瞬間を見極め、
そこに一番乗りする準備を
進めておくことが重要です。

ただ、そのタイミングの見極めは、
とても難しいもの。

見極めるために、
下記の情報に常に注目しましょう。

【3つのポイント】ーーーーーー

①歴史を学ぶ
 →歴史は繰り返す

②ビジネスの事例を学ぶ
 →ビジネスの戦略も繰り返す

③最新情報に敏感になる
 →インフラ化したもの・技術進化が
  振れるきっかけとなることが多い

ーーーーーーーーーーーーーー

ビジネスの長期的な成功には
「振り子の見極め」が、不可欠です!

ぜひ、
この質問を考えてみてください!

<本日の質問>・・・・・・・・・

Q.「振り子」は、どう振れているか?

・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひ、
自分たちのビジネス・業界に当てはめて、
考えてみてください!

ライター:黄塚 森


 

” 経営の技術 ” を身につける
「プレジデントアカデミー」にご興味を持った方は、
まずは資料をご請求ください!

記事が役に立ったらシェアお願いします/


関連記事

  • お問い合わせ
    日本一の開催地域数を誇る社長の学校で「会社変革メソッド」をお届けします!

    お試し受講のご相談やおすすめのスタートタイミング等、大小問わずお気軽にお問い合わせください。
    経験豊富な担当者がお応えいたします。

    03-6913-0220 平日 10:00 ~ 18:00 (土日祝休み)
    メールで問い合わせる
  • 入会申し込み方法
    「社長の基本を知る」プログラムに申し込む

    日本全国30,000名の経営者が支持する「社長の学校」プレジデントアカデミー。「社長の基本を知る」ことをご支援いたします。

    申し込む
    資料