[無料]資料請求 セミナー
お問合せ TOP
HOME > ブログ > 経営コラム > 【経営コラム】<※注意※>「ペルソナ」の落とし穴

【経営コラム】<※注意※>「ペルソナ」の落とし穴

記事が役に立ったらシェアお願いします/

 

「ポケトル」という商品を
知っていますか?

▼POKETLE(ポケトル)
https://poketle.com/

日経トレンディ ヒット商品30にも選ばれ、
販売数「100万」を突破している
大ヒット商品です。

実は、この商品。

開発段階では、誰もが
「絶対に売れない」と言っていたのです。

でも、蓋を開けてみれば大ヒット!

いったい何が、
ヒットの鍵だったのでしょうか?

それは・・・

 

1.「ポケトル」ヒットの鍵とは?

 

ポケトルは
「容量120ml」という超小容量の水筒。

▼POKETLE(ポケトル)
https://poketle.com/

とても軽く、
持ち運びにも便利。

500mlペットボトルや、
従来の水筒は、重い/飲みきれない・・・
という人々に支持されています。

この商品は、販売前、
誰もが「売れない」と言っていました。

しかし、予想に反して、大ヒット!

いったい、なぜ開発者は
ヒット商品を生み出すことが
できたのでしょうか?

キーワードは「ペルソナ」です。
ペルソナとは、いったい・・・?

 

2.「ペルソナ」づくり3つのポイント

 

「ペルソナ」とは、
次のような顧客像のことです。

【ペルソナとは?】ーーーーーーーーーー

 自社の商品が最も刺さる顧客

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「私たちのお客さんは、こういう人!」

そういった像を描くことで、
私たちは商品を開発しやすくなります。

それでは「ポケトル」のペルソナは、
いったい誰だったのでしょうか?

それは・・・
「開発者 自身!」

開発者が
「自分が欲しいもの」を
つくったのです。

ペルソナは顧客「像」なので、
実在する人物ではありません。

描く際には、次の3つのポイントを
押さえる必要があります。

【ペルソナづくり3つのポイント】ー

 ① 特徴を的確に捉えている
 ② 世の中に実在する
 ③ 一定の人数が存在する(市場がある)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ペルソナを設定した後は、
その人物の悩み/望みを
深堀りしていきます。

そう考えていくと、
私たちはペルソナのことを
「誰よりもよく知っている」
必要があるのですね。

なので「ペルソナ=自分」というのが、
最も手っ取り早い方法です。

ただ、商品の特性によっては、
そうはいかない場合もありますよね・・・

そういった場合には、やはり、
「顧客像」を描くことになります。

もちろん、そうやって描かれた
顧客像も、商品開発には大活躍!

ただし、その場合には、
注意点があるのです。

ココを外してしまうと、
ペルソナは機能しません。

その注意点とは・・・?

 

 

3.【※注意※】ペルソナの落とし穴

 

描かれたペルソナは、
いわば「空想」です。

描いた時点では、

「実在するのか?」
「市場に一定数いるのか?」

全くわかりません。

往々にしてペルソナは、
「理想すぎる像」になってしまいます。

まるで
「アイドル」のような状態ですね。

だからこそ私たちは、
「ペルソナが実際に存在するか?」を
チェックする必要するがあります。

そのときにオススメなのが、
次の2つの方法です!

【ペルソナは存在するか?
  簡単な2つのチェック方法】ー

 ① Google画像検索
 ② 第三者に聞いてみる

ーーーーーーーーーーーーーーーー

① Google画像検索

ーーーーーーーーーーーーーーーー

まず、5人ほどで集まり、
ペルソナ像を共有・説明します。

次に、各自がバラバラに、
「どんな人なのか?」を
Google画像検索で探します。

最後に、みんなで
「せーの!」で見せ合います。

このとき、
各自が探してきた画像にバラツキがあると、

「特徴が的確に捉えられていない」
可能性が高いです。

逆に、画像にバラツキがないほど
「よく描けているペルソナ」だと言えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 ② 第三者に聞いてみる

ーーーーーーーーーーーーーーーー

上記①で
「よく描けたペルソナ」であっても、

「市場に存在するか?」は、
また別の話です。

この部分の確認にオススメなのが、
「第三者にペルソナ像を紹介する」方法。

まず、友人・知人に対して、ペルソナ像を
「実在の友人のように」紹介します。

そして、
「こういう人、周りに居る?」
と聞いてみるのです。

5~10名ほどに聞いてみて
「ああ、◯◯に近いね!」という回答が
返ってくれば市場にも、
同じような人が居る可能性が高いです。

逆に、
「いや、、、知り合いには居ないなぁ」
という回答が多ければ、
市場には「居ないorとても少ない」
可能性が高いです。

***

ペルソナを明確にすると、
新商品の開発・既存商品の強化が、
とてもやりやすくなります!

<本日の質問>・・・・・・・・・・・・

Q. 理想のお客さんは、どんな人?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぜひ、自分たちの理想のお客さんは?を
考えてみてください!

ライター:黄塚 森


 

” 経営の技術 ” を身につける
「プレジデントアカデミー」にご興味を持った方は、
まずは資料をご請求ください!

記事が役に立ったらシェアお願いします/


関連記事

  • お問い合わせ
    日本一の開催地域数を誇る社長の学校で「会社変革メソッド」をお届けします!

    お試し受講のご相談やおすすめのスタートタイミング等、大小問わずお気軽にお問い合わせください。
    経験豊富な担当者がお応えいたします。

    03-6913-0220 平日 10:00 ~ 18:00 (土日祝休み)
    メールで問い合わせる
  • 資料のご請求
    「社長の学校」資料がお手元に届く!

    日本全国24,000名の経営者が支持する「社長の学校」プレジデントアカデミーの詳細資料を郵送にてお届けします。

    資料のご請求
    資料