[無料]資料請求 セミナー
お問合せ TOP
HOME > ブログ > 経営コラム > 【経営コラム】Amazon社で大量発生!世に出ない大量のプレスリリース

【経営コラム】Amazon社で大量発生!世に出ない大量のプレスリリース

記事が役に立ったらシェアお願いします/

突然ですが、あなたに質問です。

あなたは、

「Amazon社には、
 世に出ない大量のプレスリリースがある」

という話を、
聞いたことはありますか?

いったい、なぜ・・・。

本日はAmazon社で
七不思議(笑)が起こっている理由を
ご紹介します!

 

 

1. そもそもプレスリリースとは?

 

「プレスリリース」とは、
新サービス発表や新機能リリースの際に
会社から配信される案内のこと。

「大手メディアへの掲載」、
「ユーザ獲得、資金調達」など

様々な目的で活用されています。

プレスリリースには
様々な「型」があります。

一般的な「型」では、
下記の4つを、まとめていきます。

【プレスリリースに書くべき4つのこと】

 ① タイトル

 ② 要約

 ③ 本文
   ③-1 なぜやるのか?
   ③-2 何をやるのか?
   ③-3 その結果どうなるのか?

 ④連絡先

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「プレスリリース配信サイト」には、
他社のプレスリリースがいっぱい!

参考として、他社のものを見たい場合は、
下記サイトを覗いてみてください^^

▼PR TIMES
https://prtimes.jp/

 

 

2. Amazon式!
「プレスリリース型」企画とは?

 

Amazonでは、
どんな企画をつくる際でも、
必ず守らねばならないルールがあります。

それが、

「企画書を
 プレスリリースの形でまとめる」こと。

「その企画は顧客にとって
 どのような利点があるのか」を、

 顧客目線でまとめていきます。

なぜ、
このようなルールを定めているのでしょうか?

それは、Amazonには、
こんな信念があるから。

【Amazonの信念】ーーーーーーー

企画を考える際には、
「顧客目線」が何よりも大切。

「誰が何に困っていて」、

「企画を形にすると、
 顧客に、どんな“得”があるのか」を、

ストーリーの形で語れなければならない。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

作成する際の条件としては、
もう1つルールが定められています。

それは、

「A4 1枚以内に内容をまとめる」

ということ。

さらに、
「自分の親が読んでも分かるように書く」
という文章レベルを求められます。

▼詳細はこちらの
 インタビューをご覧ください!
https://type.jp/et/feature/2191/2

 

3. 形にするから、人に伝わる

 

今回のAmazonの企画の進め方は、
企画者自身の頭の中を
周りの人に見える化するのに
もってこいです。

口頭で説明をされると
「言い方」や「雰囲気」に
判断が左右されてしまいがち。

しかし、
プレスリリースという「形」にして、
渡されたら、どうでしょう。

「言い方」や「雰囲気」によらず、
冷静な判断ができるようになります。

頭の中を形にする1つの手法として、
とっても効果的です!

企画づくりの多い会社さんは
ぜひ、マネしてみてください^^

ps.
ちなみに、新規事業の立ち上げの際の
【MVP】としても役に立つので、
私は毎回つくるようにしています!

ライター:野田拓志


 

” 経営の技術 ” を身につける
「プレジデントアカデミー」にご興味を持った方は、
まずは資料をご請求ください!

記事が役に立ったらシェアお願いします/


関連記事

  • お問い合わせ
    日本一の開催地域数を誇る社長の学校で「会社変革メソッド」をお届けします!

    お試し受講のご相談やおすすめのスタートタイミング等、大小問わずお気軽にお問い合わせください。
    経験豊富な担当者がお応えいたします。

    03-6913-0220 平日 10:00 ~ 18:00 (土日祝休み)
    メールで問い合わせる
  • 資料のご請求
    「社長の学校」資料がお手元に届く!

    日本全国24,000名の経営者が支持する「社長の学校」プレジデントアカデミーの詳細資料を郵送にてお届けします。

    資料のご請求
    資料