入会する
お問い合せ TOP
HOME > ブログ > 【経営ブログ】ウォーレン・バフェット成功の秘密!「能力の輪」とは?

【経営ブログ】ウォーレン・バフェット成功の秘密!「能力の輪」とは?

記事が役に立ったらシェアお願いします/

突然ですが、
あなたの好きなマンガは何ですか?

僕は、登場人物が
「何らかの特殊能力」を持ち、
物語が展開していく。

そんなマンガが好きです。

いわゆる
「異能力もの」と呼ばれるジャンル。

有名どころでは
『ワンピース』のような
世界観のものです。

なぜ、このジャンルが好きかというと、
ウォーレン・バフェットの成功法則と
繋がるから。

「え、なんで?」

そう思ったあなたはぜひ、
このメールレターを読み進めてください。

今回はウォーレン・バフェットが
「成功し続ける理由」を足がかりに、
「人の能力」について考えていきます。

 

1. ウォーレンバフェットと「能力の輪」

 

「投資の神様」と呼ばれる
ウォーレン・バフェットは、
「世界第3位」の資産を持つ大成功者。

なぜ、ウォーレン・バフェットは、
こんなにも長い間、“成功し続ける”ことが
できるのでしょうか。

その理由について彼は、
こう語っています。

▼ウォーレン・バフェットの言葉・・・・

「自分の『能力の輪(※1)』を知り、
 その中にとどまること。

 輪の大きさは、さほど大事じゃない。

 大事なのは、
 “輪の境界”がどこにあるかを
 しっかり見極めることだ」

(※1)「能力の輪」は英語では
    circle of my ability

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分の能力が活きる」分野を自覚し、
「その土俵の中でだけ」戦うこと。

それこそが「成功し続ける」ために
最も重要なことだと、彼は言います。

様々なことを考えさせられる
言葉ですよね。

では私たちは、いったいどうやって
「能力の輪」を知れば良いのでしょう?

 

2. あなたも持っている!たった1つの能力

 

僕は、全ての人には、
「能力が1つ」与えられている と、
考えています。

『ワンピース』をはじめとする
冒険漫画のようなイメージですね。

ワンピースの主人公である「ルフィ」は、
「全身をゴムにする」という
「能力」を持っています。

「能力」は、この1つのみ。

冒険が進んでも、
決して増えることはありません。

しかし「能力」は1つでも、
その「使い方」無限大。

「使い方」を工夫し「洗練」することで
立ちふさがる強敵を倒していきます。

私たち人間も、これと同じ。

生まれながらに
「能力を1つ」持っていると、
僕は考えています。

これを僕は「能力の輪」に対して、
「能力の起源(※2)」と呼んでいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(※2)「能力の起源」は英語では
    origin of my ability

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例えば、僕の場合。
「能力の起源」は「理解力」です。

理解力とは、

「与えられた情報を
 解像度高く理解する能力」

だと、僕は定義しています。

つまり、
この「理解力」の「応用が効く範囲」が、
僕の「能力の輪」の境界線。

具体的には、次のようなものが、
「能力の輪」の範囲内となります。

▼黄塚の「能力の輪」・・・・・・・・・

◯コンテンツ作成(講義スライドなど)
 →情報収集+理解(分解)
        +並び替え・再構成

◯コンサルティング
 →ヒアリング(質問+理解)
        +優先順位決め

◯料理
 →法則の理解+素材の理解+組み合わせ

  などなど

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

逆に、僕には
「強引な交渉」は向きません。

相手を「理解」しようとしてしまうため、
強引に進めることができません。

(逆に不当な要求に対しては、
 的確に抵抗・反発することができます。)

完全な「0→1」作業も向きません。

「1」に至る戦略や想いを理解し、
それ「10」にする方が向いています。

(0.01くらいの欠片があれば、
 0→1も可能です。)

さて、
あなたの場合は、どうでしょうか?

あなたの「能力の起源」は何ですか?

 

3. “強み”しかない組織をつくる

 

「能力の輪」の話には1つ、
問題があります。

それは、しばしば「逃げ」の論理として
使われてしまうことです。

“「能力の輪」を出る仕事は、
 すべきではない ”

という話は、ともすれば、

“自分の好きな仕事だけをすればよい”と
解釈されてしまいます。

しかし、それは違うのです。

「能力の起源」は万人に「1つ」ですが、
その「応用の仕方」は無限に存在します。

それでも、
「能力の相性として向かないものがある」
ということを、言っているのです。

例えば、マンガの世界で言えば、

「水を操る能力」を持つ人に対して、
「薪を燃やす」仕事を要求しても、

極めて難しいですよね。

それと同じこと。

「能力の輪を出ない」とは、
「応用の限界を知る」ことだと、
僕は考えています。

この考え方が適用できるのは、
「個人の話」だけではありません。

「チームづくり」にも、応用できます。

「強みしかない」チームをつくるには、
どうしたら良いのでしょうか?

重要なことは、

全てのメンバーが
「能力の輪を出ない」ようにすること。

「強みが活きる」采配も重要ですが、
むしろ「強みが死なない」ことこそ、
重要なポイントではないでしょうか。

そのためには、
次の3つを考えることが重要です。

▼「強み」しかない組織づくり3ステップ

①「能力の起源」を把握する
②「やり方」にこだわらない
③「能力の輪を出る」をなくす

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①「能力の起源」を把握する

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メンバー全員の
「能力の起源」を把握すること。

これが、とても重要です。

「自己分析」と「客観分析」の
両面からのアプローチがオススメ。

例えば「客観分析」としては、
次のようなツールが有効です。

▼『ストレングス・ファインダー』
https://amzn.to/2Rk0q6I

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

②「やり方」にこだわらない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「能力の起源」は十人十色。
人それぞれに、バラバラです。

「目的」と「目標」に関しては、
しっかりと共有する必要がありますが、

達成の「やり方」に関しては、
強制しすぎない方が良いでしょう。

各自が自らの「能力」を応用し、
達成を目指していくのが理想です。

例えば「営業」においては
「対面営業」が是とされがち。

しかし世の中には、
ほぼ「メールと電話のみ」で、
トップ営業であり続ける人も居ます。

この方は、様々な会社を渡り歩き、
その全てでトップ営業を獲得。

現在では上場企業の社長となっています。

リーダーは自分の成功経験から、
部下に対して「同じやり方」を
強制してしまいがちです。

ぐっと我慢をして「相手を活かす」道を
共に探していきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

③「能力の輪を出る」をなくす

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

社内の役割分担では、
「向いていない」を減らしましょう。

「能力の輪」を出てしまうもの、
能力の相性が悪いものは、
改めて役割分担するのがオススメです。

ただし「応用の範囲内」でできるものは、
相手の成長のチャンスでもあります。

仕事を与える側のリーダーが、
しっかりと見極めていきましょう。

***

「自分の能力を活かしきった」とき、
人の生産性は圧倒的に高くなります。

メンバーそれぞれの
「能力の起源」を知り、
最強チームをつくっていきましょう!

<本日の質問>・・・・・・・・・・・・

Q1. あなたの「能力の起源」は?

Q2.「能力の輪」を
  出てしまっているメンバーは?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ライター:黄塚 森


” 経営の技術 ” を身につける
「プレジデントアカデミー」にご興味を持った方は、
まずは資料をご請求ください!

記事が役に立ったらシェアお願いします/


関連記事

  • お問い合わせ
    日本一の開催地域数を誇る社長の学校で「会社変革メソッド」をお届けします!

    お試し受講のご相談やおすすめのスタートタイミング等、大小問わずお気軽にお問い合わせください。
    経験豊富な担当者がお応えいたします。

    03-6913-0220 平日 10:00 ~ 18:00 (土日祝休み)
    メールで問い合わせる
  • 入会申し込み方法
    「社長の基本を知る」プログラムに申し込む

    日本全国30,000名の経営者が支持する「社長の学校」プレジデントアカデミー。「社長の基本を知る」ことをご支援いたします。

    申し込む
    資料