[無料]資料請求 セミナー
お問合せ TOP
HOME > ブログ > 経営コラム > 【経営コラム】コクヨの「宿題やる気ペン」から見る新商品のヒント

【経営コラム】コクヨの「宿題やる気ペン」から見る新商品のヒント

記事が役に立ったらシェアお願いします/

 

コクヨの「宿題やる気ペン」が
話題となっています。

皆さんは、
この商品をご存知ですか?

◎コクヨの「宿題やる気ペン」
https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/yarukipen/

今回は、この商品を通して、
新ビジネスのヒントを
探ってみようと思います!

 

 

1. コクヨの宿題やる気ペンとは?

 

この「宿題やる気ペン」は、
市販の鉛筆に取り付けて使用する商品。

専用のスマートフォンアプリと
連動させることで、

勉強への取り組みを「やる気パワー」
として“見える化”します。

そして、
溜まった「やる気パワー」に応じて
LEDの色が変化。

アプリ内のキャラクターが力を得て、
スゴロク形式の
「やる気の庭」を進みます。

全18ステージで
様々なアイテムを収集でき、

子どもがついついやりたくなる仕様。

主な顧客対象として
小学校の低~中学年を想定しています。

また、子どもの努力が
カレンダーやグラフの形で
“見える化”されるため、

保護者にとっては“褒めるポイント”を
発見しやすいのが特徴です。

 

2. この商品の面白いポイントは?

 

この商品の面白いポイントは、
どこにあるのでしょうか?

私は3つあると思います。

【3つのポイント】・・・・・・・・・・

<1.親の困りごとの解消>

「宿題やりなさい!」

 そう言い続けるのは、
 親として疲れるもの。

 この商品は、そうした悩みから、
 親を解放してくれます。

 むしろ、褒めるきっかけが
 生まれるのです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<2.ゲーミフィケーション>

 子どもにとっては、ゲーム感覚で
 日々の宿題に取り組むことができます。

 宿題をこなせばこなすほど、
 アプリ内で「成長」が見えるので、
 もっとやる気になっていきます。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<3.見えづらいものの見える化>

「勉強を何時間すれば良いか」は
 なかなか分からないもの。

 この商品は「ペンの色」で
 勉強というものを単位づけしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

3. 新しい「尺度」が新市場を築く

 

③のポイントの
「単位をつくっていく」というのは
新しいビジネスアイデアの
ヒントになります。

例えば、

・「“貴重”度合い」の単位化
 → 1kty(きちょう)

・「“当たり前”度合い」を単位化
 → 1ame(あたりまえ)

などなど。

まだ「測られていないもの」を
測ることで、
価値が生まれることがあります。

今回の「宿題やる気ペン」は、
測られていないものを測り、
見える化したことで
新たな新市場をつくったのです。

新ビジネスを考える際の
1つの切り口として

「単位をつくる」という観点を
試してみてください!

ライター:野田 拓志

 

 


 

” 経営の技術 ” を身につける
「プレジデントアカデミー」にご興味を持った方は、
まずは資料をご請求ください!

記事が役に立ったらシェアお願いします/


関連記事

  • お問い合わせ
    日本一の開催地域数を誇る社長の学校で「会社変革メソッド」をお届けします!

    お試し受講のご相談やおすすめのスタートタイミング等、大小問わずお気軽にお問い合わせください。
    経験豊富な担当者がお応えいたします。

    03-6913-0220 平日 10:00 ~ 18:00 (土日祝休み)
    メールで問い合わせる
  • 資料のご請求
    「社長の学校」資料がお手元に届く!

    日本全国24,000名の経営者が支持する「社長の学校」プレジデントアカデミーの詳細資料を郵送にてお届けします。

    資料のご請求
    資料