[無料]資料請求 セミナー
お問合せ TOP
HOME > ブログ > 経営コラム > 【経営コラム】仕組み化は〇〇の順で!

【経営コラム】仕組み化は〇〇の順で!

記事が役に立ったらシェアお願いします/

働き方改革を受けて、
AI化やシステム化、
RPA(Robotic Process Automation)など、
業務の効率化に対して注目が集まっています。

業務効率を高める上で重要なのが、
「仕組み化」することです。

その際に重要なのが、
仕組み化の【順番】。

世の中の「効率化」の議論は、
「社員」や「マネジャー」など、
現場の話が中心になりがちです。

しかし、
会社の安定・永続を目指す上では、

仕組み化は下記の順番で
取り組むべきなのです。

【社長→幹部→マネジャー→社員】

では、なぜこの順番で
取り組むべきなのでしょうか?

 

 

まずは社長の仕組み化を

 

社長が行うべきことは、
会社の未来を考え、
まだ見えないものを
カタチにしていくことです。

このような仕事は、
社長しかできないこと。

しかし、多くの社長は、
残念ながら、
この未来をつくる仕事を
行えていないようです。

なぜなら、
日常的な現場の仕事を
行なってしまい、
時間がなくなってしまうからです。

ミライをつくる仕事を
社長がしなくなると、
何が起こるのか。

短期的に会社が
【おかしくなる】ことはないものの、
徐々に会社がおかしくなり、
会社は崩壊していきます。

また、未来を考えないため、
多くの意思判断が「短期的」な視点に
基づくものになります。

その結果、
社員の仕事は単調となり、
社員は疲弊してしまいます。

 

 

社長の仕組み化が終わったら次は幹部層

 

社長の次に仕組み化していくべきなのは、
経営陣や幹部層です。

経営陣や幹部層は、
「決める」ということを
主な仕事とするにもかかわらず、
忙しすぎると落ち着いて思考できずに
何も決まらないことが続きます。

事業部のトップが決めないと、
現場のスタッフは各々の判断で
【部分最適】を求めていきます。

その結果、個としての動きが中心となり、
組織をつくることによるシナジー
効果がなくなってしまいます。

 

 

 社長から仕組み化を
 進めていくことへの反論への対策

 

社長→幹部から
時間を生み出してほしい。と
いうお話をすると、

一部の方から
「社長にもっと楽をさせたいのか!?」
という反論や反発をもらうことが
考えられます。

その時にぜひお話していただきたいのが
次のお話です。

” 社長の役割や社長の仕事を
 知っていますか?

 会社は各々の役割の組み合わせで
 成り立っているものです。

 現場の方々には
 見えない役割を
 社長は持っています。

 その社長の役割は
 会社を継続していくためには、
 最も重要なものです。

 その優先度が高い役割を
 行う時間は、
 今のままでは確保できません。

 つくってもらうことが
 必要だと思いませんか? “

理解してもらうことは
簡単ではありません。

しかし、理解してもらう必要が
あることです。
伝え続けていく覚悟を持って、
対応してほしいと思っております。

 

 

まとめ

 

是非とも、
会社のトップから仕組み化を行い、
社長でなくてもできる仕事を
ぜひ部下に任せていってほしいです。

働き方改革は、
現場を見るだけでなく、
会社全体を効率化するチャンスです。
このチャンスを、
会社全体で活用していきましょう。

 

ライター:野田 拓志

 

 


 

” 経営の技術 ” を身につける
「プレジデントアカデミー」にご興味を持った方は、
まずは資料をご請求ください!

記事が役に立ったらシェアお願いします/


関連記事

  • お問い合わせ
    日本一の開催地域数を誇る社長の学校で「会社変革メソッド」をお届けします!

    お試し受講のご相談やおすすめのスタートタイミング等、大小問わずお気軽にお問い合わせください。
    経験豊富な担当者がお応えいたします。

    03-6913-0220 平日 10:00 ~ 18:00 (土日祝休み)
    メールで問い合わせる
  • 資料のご請求
    「社長の学校」資料がお手元に届く!

    日本全国24,000名の経営者が支持する「社長の学校」プレジデントアカデミーの詳細資料を郵送にてお届けします。

    資料のご請求
    資料