[無料]資料請求 セミナー
お問合せ TOP
HOME > ブログ > 経営コラム > 【経営コラム】書評:実験思考

【経営コラム】書評:実験思考

記事が役に立ったらシェアお願いします/

 

実験思考 光本勇介 プレジデントアカデミー

「すべてのビジネスは「実験」である」


著者の
光本勇介(みつもとゆうすけ)氏は
2017年に「CASH」という
アプリをリリースして
世間を驚かせた。


目の前のアイテムが
一瞬でお金に変わる。
商品状態などの説明を
記載することなく
モノの写真を送るだけで
現金が手に入る。


フリマアプリや
リサイクルショップでは、
ユーザーの商品説明や
店員の査定によって
品質が担保されている。


したがって
常識的に考えれば
「CASH」においても、
後々に問い合わせが来て
説明が必要になるという
結論に行き着くだろう。


しかし、
著者は世に蔓延る常識を
「実験」することに
面白さを見出している。


光本勇介氏は、
最短2分で
オンラインストアを作れる
サービス「STORES.jp」
などを運営する
株式会社ブラケットを創業し、
2013年8月に
株式会社スタートトゥデイに売却。


2016年10月に
スタートトゥデイ社に対して
MBOを実施し、
ブラケット社の取締役会長に就任。


2017年2月に
株式会社バンクを創業し、
「CASH」やお金がなくても
後払いで旅行に行くことが
できる「TRAVEL Now」
などをリリースし
世間を賑わせてきた。

 

本書は、常識に囚われず、
新しいサービスを編み出したいと
考える人に面白い知見を
与えてくれる一冊である。

 

【実験思考のポイント】======

 1.実験思考とは?

 2.狂ったビジネスは
     こうして作る

===================

 

【1】実験思考とは?

著者にとって、
すべてのビジネスは
「実験」である。


「これをやったら
どうなるんだろう?」
「たしかにそれ、
おもしろそうだね」
と多くの人が思いつくが、
実行されていない
アイデアが多くある。


「実験」とは
そのようなことを
実際にやってみること。


「実験」をすると
どのような反応が
起こるのか、
著者はただその結果を
見たい好奇心に
突き動かされている。

 

「実験」である以上、
成功だけでなく
失敗もある。


ただ、著者にとって
実験の成否は二の次。
世間の反応、
すなわち実験結果を
見ることが何よりも
重要なのだ。


失敗も無駄ではなく、
ひとつの検証結果である。
その検証結果は
実験を行った者のみが
知る情報となり、
「価値」になると
考えている。

===================

【2】狂ったビジネスはこうして作る

光本氏が言うには、
「実験」してみたくなる
斬新で、魅力的な
ビジネスをどうすれば
生み出すことが
できるのか。

重要な点は以下の2点である。

 

①全力で「普通の生活」をする

②「インターネットの人」にならない

 

①全力で「普通の生活」をする

スマホやパソコンに
四六時中向き合い、
デスクで頭をひねっていても、
革新的なアイデアは
思いつかない。


全力で「普通の生活」を
していると、
世の中不便なこと
だらけだと気づく。


例えば、
「予約しているにも関わらず、
病院で長時間待つ」というもの。
長時間待たされる上に、
他の病院に回されること
だってある。


多くの人が当たり前に
感じていることでも、
一歩引いて見てみると
おかしなことは
たくさんある。


経営者が忘れがちな
普通の人の生活感覚、
当たり前(マス)の感覚
を持つことで、
ふと気づいたことのなかに
ビジネスチャンスを
見出すことができる。

 

②「インターネットの人」にならない

著者は「ネットから離れる」
ことを意識している。


インターネット業界の人は、
リテラシーが高すぎる。
ゆえに、自分たちの考える
0.001%の物事を
「これが世の中だ」と
捉えてしまう。


すると、99%のマスに
刺さるサービスを
作ることができなく
なってしまうのだ。


例えば、
「少額の資金」という
ニーズである。
「少額」とは1〜2万円のこと。
世の中には、今この瞬間に
1万ー2万があれば
救われる人がたくさんいる。


そのお金で、
友だちの誕生日を
祝ってあげられる
かもしれない。


家族でディズニーランドに
行けるかもしれない。
「少額の資金」を人々は
必要としている。
著者はこれが
「マス」の感覚であると
述べている。


「インターネットの人」であると
このような感覚を
失ってしまうのだ。

 

***

常軌を逸したサービスは
頭だけで考えていては
出てこない。


「普通の生活」を心がけて、
違和感をスルーしないことが
大事だ。


また著者にとって、
本書も原価の390円(電子版0円)で
出版するという
「実験」である。


本書は「実験」を
後押ししてくれる
一冊となるだろう。

 

光本 勇介実験思考 世の中、すべては実験 (NewsPicks Book)』、幻冬舎。

 

ライター:下境田 直也

 

 


 

” 経営の技術 ” を身につける
「プレジデントアカデミー」にご興味を持った方は、
まずは資料をご請求ください!

記事が役に立ったらシェアお願いします/


関連記事

  • お問い合わせ
    日本一の開催地域数を誇る社長の学校で「会社変革メソッド」をお届けします!

    お試し受講のご相談やおすすめのスタートタイミング等、大小問わずお気軽にお問い合わせください。
    経験豊富な担当者がお応えいたします。

    03-6913-0220 平日 10:00 ~ 18:00 (土日祝休み)
    メールで問い合わせる
  • 資料のご請求
    「社長の学校」資料がお手元に届く!

    日本全国24,000名の経営者が支持する「社長の学校」プレジデントアカデミーの詳細資料を郵送にてお届けします。

    資料のご請求
    資料