小さな会社のツイッター繁盛論!

ツイッターで月300万円の売上

今、話題となっているツイッター。


しかし、実際どのようにして使うのか、戸惑っている人も少なくありません。


中村先生は、ツイッターを用いて、常連さんとの信頼関係を築き、


なんと・・・月300万円の売り上げをつくりました。


 

中村先生がご自身のツイッターを例にし、具体的な事例を交えながらのお話となりました。



会場内では、笑いがたびたび起こったり、うなずいたり、
皆さん楽しみながら学んでいるようでした!!



これまで、会話のコミュニケーションは1対1が主流でした。

 


しかし、
ツイッターを使えば、大多数に、簡単に情報を発信する事ができます。


ツイッターは、気軽に発信でき、文字数が制限されているからこそ本音がだせる場だそうです。

 



本音だからこそ、絆が生まれる。

そこから生まれる口コミも信憑性があるとお話する中村先生。


短い会話を重ねることによって、信頼関係や絆を構築できるのです。


 

参加者の皆さまからも、非常にわかりやすく、勉強になったというお言葉をたくさん聞けました。

 

ツイッターの利点



一日平均ツイート数が約50件という中村先生。


「楽しみながらやるから、苦痛にならない。

ツイッターは、ひとりのつぶやきじゃなくて、会話するためのツールなんです。」


と笑顔で話す中村先生が印象的でした。

 


中村先生、本当にどうもありがとうございました!

 

① twitterでこれだけ集客できる

② twitterの内容がないというイメージが覆った

③ マメな人がモテる

④ twitterが販促に使える

 


・今まではアカウントのみ取得していただけでしたが、今日から活用してみたいと思います
・twitterをビジネスで活用しているので今後、今回のご公演を参考にしたいと思います


・資料も語り方もわかりやすくて良かったです

 


・小さい会社の武器になる
・気負わないことがコツ
・中小企業の小回りのメリットとなる”当意即妙” の効果、これはやはり小さな会社の基本だと思います


・事例が非常に面白く、参考になりました!

 

講師紹介

中村 仁

株式会社グレイス 代表取締役

1992年立教大学卒業後、松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)入社、テレビ本部で営業企画などに関わる。
1995年、米系広告代理店オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン株式会社入社。日本IBMとロータス株式会社の広告とブランドマーケティングを担当し、アカウントエグゼクティブ、アカウントプランナーを経てプランニングマネージャーを務める。1998年同社退社、その後独立。フリーでマーケティングの仕事を手がけた後、2000年に西麻布に「居酒屋せいざん」開店と同時に株式会社グレイスを設立。現在は港区を中心に「豚組」「壌」など、個性・コミュニティ・文化をテーマにした飲食店を5店舗運営中。最近は、ネット時代の新たな食文化を築き上げるべく、これまでの経験をもとに「ネットと飲食店の幸せな結婚」の実現を目指している。

セミナー詳細

日程 2010年9月22日(水)
時間 ※終了しました
会場

セミナー受講費

初めてご参加の方 2回目以降のご参加の方
一般 5,500円(税込) 16,500円(税込)
会員 無料

関連セミナー