教える技術〜チームで成果を出す「行動科学マネジメント」〜

 

部下が育たないのは誰の責任?!

 

●部下が思うように育ってくれない
●部下がいつまでも仕事を覚えない

 

このように多くのリーダー・管理職の方々が

部下の指導・育成に悩んでいます。

 

人が育たないのは、
教え手の「上司」の責任でも、
学び手の「部下」の責任でもありません!

全ての原因は「教え方」にあるのです。

 

皆さまは欧米の600を超える企業や公的機関で

採用されているマネジメント・メソッドをご存知でしょうか?

 

日本のビジネス習慣や価値観にアレンジされ、

行動科学マネジメント」と呼ばれている手法です。

 

今回はその「行動科学マネジメント」の第一人者である

石田 淳 氏に直接「教える技術」を伝授して頂きます!

 

「誰が・いつ・どこで」行なっても同じように成果が出る。

つまり【再現性】のある教え方というものを身に付けてみませんか?

 

パレートの法則では
「全体の2割の社員が、売上全体の8割をつくる」
と言われています。

 

つまり
「企業は2割の”できる人”と8割の”できない人”によってできている」
と考えられます。

 

「行動科学マネジメント」はこの8割の人たちを【確実に】、

しかも【圧倒的短い時間で】、成長させることができるマネジメント手法なのです。

 

このセミナーで、人を育てることのできる

本物の】リーダーを目指しましょう!

 

石田氏独自のワークをご用意して、
お待ちしております!

 

「教える技術」の開催後
セミナーレポートはこちらから!

講師紹介

石田 淳 氏
株式会社ウィルPMインターナショナル 代表取締役社長 兼 最高経営責任者
米国のビジネス界で大きな成果を上げる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものに独自の手法でアレンジ。「行動科学マネジメント」として確立。 その実績が認められ、日本で初めて組織行動の安全保持を目的として設立された社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事に就任。 グローバル時代に必須のリスクマネジメントやコンプライアンスにも有効な手法と注目され、講演・セミナーなどを精力的に行う。 趣味はトライアスロン&マラソン。2012年4月にはサハラ砂漠250kmマラソン、2013年11月に南極100kmマラソン&南極トライアスロンに挑戦、いずれも完走を果たす。

石田 淳 氏 出版書籍

教える技術挫けない力会社の目標を絶対に達成する「仕組み」の作り方

セミナー詳細

日程 2016年1月13日(水)
時間 19:00〜20:30
会場
定員
60名

セミナー受講費

初めてご参加の方 2回目以降のご参加の方
一般 5,500円(税込) 16,500円(税込)
会員 無料

関連セミナー