グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた

ウォークマンは、負けるべくしてiPodに負けたのだ。

VAIO、スゴ録。ソニーが誇る大ヒット商品を次々生み出し、

途方もない赤字部署をあっという間に立て直した天才は、

何故、愛してやまないソニーを去る決心をしたのか。

 

その後、世界を席巻するグーグルの日本法人社長を務めた著者が振り返る、

ソニーでの二二年間とグーグルでの三年間。

「なぜソニーはアップルを超えられないのか?」

「どうして日本からグーグルのような会社が生まれないのか?」

といった類の質問を私自身も幾度となく受けて来た。

 

「冗談じゃない、日本が生んだソニーは

           アップルやグーグルの手本となる企業でさえあったんだ」

 

というのが辻野氏の本音である。

 

本講演のタイトル「グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた」は、

グーグル全盛の今日にはまさに逆説的だ。

 

しかし日本人が創業した世界企業であるソニーは、本当はそのくらい凄かった。

 

そして私は、そのソニーで、反面教師的なことも含めて実に多くのことを学んだ。

それらの学びがあったからこそ、グーグルの急成長の理由を理解し、

そこで密度の濃い時を過ごすことができたと思う。

と語る辻野氏。

 

ソニーが誇る大ヒット商品を次々と生み出し、

その後、世界を席巻するグーグルの日本法人支社長を

務めた辻野氏が語る経営術とは?

 

講師紹介

辻野 晃一郎氏

グーグル日本法人前社長

1982年に日産自動車入社。製造現場、セールスマンから財務に至るまで幅広く経験し、社内留学先のUCLAビジネススクールにて経営理論を学ぶ。帰国後は、外資系コンサルティング会社、日本コカ・コーラ常務を経て、経営者として頭角をあらわし、(株)アトラスの代表取締役として、3期連続赤字企業をターンアラウンド、(株)イオンフォレスト(THE BODY SHOP Japan)の代表取締役社長としての売上倍増、スターバックスコーヒージャパン(株)のCEOとして業績向上等、“専門経営者”として確固たる実績を上げてきた。講演では、プロの経営者としての経営論から人材育成、キャリア形成まで、幅広いテーマで講話する。

辻野 晃一郎氏 出版書籍

セミナー詳細

日程 2013年5月17日(金)
時間 19:00〜20:30 *終了しました
会場
映像配信

セミナー受講費

受講費
一般 8,000円(税別)
会員 無料

映像配信セミナーのご案内


関連セミナー