セールス

Vol.7 セールス 

もし、あなたが売り込むことによって顧客が離れてしまうことを避けたいと思うのであれば
これから紹介する「サイレント・セールス」はとても効果的です。

 

今まで見たことも体験したこともない新しい営業の世界に、あなたを誘(いざな)ってくれることでしょう。

 

それでは、顧客が自然と商品を購入してしまう「サイレント・セールス」について、お伝えしていきます。






 サイレントセールス

 

セールスとは「売り込むこと」ではない。

 


セールスを売り込むことだと思っていませんか?

一般的に「セールスとは売り込むこと」だと聞いて、否定する人は少ないでしょう。



 

しかし、実はその最初の定義を変えることから「サイレント・セールス」は始まります。

セールスは売り込むことではありません。


新しい定義を持ちましょう。

 



セールス = お客さんの『購入支援業』
セールスとは、私たちの売りたいものを売ることではない。

セールスとは、お客さんが購入する支援をすること。


まず、その立ち位置を見直すことから始めていきましょう。

 



買うことは快楽でもあり、恐怖でもある
セールスを「お客さんの”購入支援業”」と捉えたら、次は、どうなれば人がモノを購入しやすくなるかを知らなければなりません。


そこで理解すべきことは、「顧客心理」です。
人は、何かを購入するという行為に対して、一般的にどのような心理を持つでしょうか。



 

浜口は、「買うことは快楽でもあり、恐怖でもある」と解説しました。


セールスは、いい意味でお客さんの感情を揺さぶらないといけません。

 

商品の特性を理路整然と伝えても伝わりません。
そのサイレントセールスの極意を学びましょう。