『スピード × 戦略で動く4倍速の仕事術』|プレジデントアカデミートピックセミナー | 日本全国10,000人の社長が支持する経営改革プログラム|PRESIDENT ACADEMY
プレジデントアカデミー:選ばれる理由プレジデントアカデミー:セミナー情報プレジデントアカデミー:参加者の声プレジデントアカデミー:入会案内

TOPIC SEMINAR トピックセミナー

設立2年で国内シェアNo.1を取る方法

tokushige

徳重 徹 氏

テラモーターズ株式会社
代表取締役社長


日程: 2013年1月28日(月)
時間: ※終了しました。
会場: クラブハウス会議室赤坂

赤坂駅 徒歩2分

定員: 50名
Pocket

少人数精鋭、スピード×戦略で動く4倍速の経営とは?

 

電動バイク・ベンチャー企業であるテラモーターズ株式会社

設立から2年で国内最大手の座についた代表取締役 徳重徹氏にご登壇頂きます。

 

 そんな中、創業2年目にして既に多くの資金調達を実施、

東南アジア進出の拠点としてベトナム支社を開設。

今、日本で最も注目を受けているベンチャー企業です。

 

テラモーターズ株式会社は電動バイクの開発、製造、販売を行っている会社です。

日本ではなじみの薄い電動バイクですが、中国では年間2000万台の生産があり、

また、アメリカのシリコンバレーにおいても今後の成長分野としてNo1にあげられている分野です。

 

例えば、米国のEV(電気自動車)ベンチャーのテスラモーターズは、

2003年設立でありながら、既に時価総額は3000億円とYAMAHAにも匹敵する大企業になっています。

 

そしてテラモーターズが活動の主軸とするアジア・中国市場がアツイのは、 今に始まった事ではありません。

 

しかし、日本国内のベンチャーが 外に飛び出そうとするときに、

どこから攻めたらいいのかわからない人もいるのでは。

 

そこで、テラモーターズ代表取締役の徳重徹氏には、以下4点についてお話をしていただきます。

 

Point.1

・ 設立2年で国内シェアNo.1を達成できた理由

 

Point.2

・ 少人数精鋭でスピード×戦略で動く

 

Point.3

・新興国へのマーケットインのすすめ

 

Point.4

・先行者利益に追随して利益を取れるのか?

 

NHKスペシャルでも取り上げられ、

話題沸騰中のEVベンチャーから、 アジア進出へのヒントをつかみましょう!

tokushige

徳重 徹 氏

テラモーターズ株式会社
代表取締役社長


住友海上火災保険株式会社(現:三井住友海上火災保険株式会社)にて、商品企画等の仕事に従事。29歳で渡米。MBA取得後、シリコンバレーにてインキュベーション企業代表としてIT・技術ベンチャーのハンズオン支援を実行。事業の立ち上げ、企業生成に実績を残す。帰国後、日本発のグローバルEV(電気自動車)ベンチャーの創出を目指してTerra Motors株式会社を創業。株主として元ソニー出井氏、ベネッセホールディングス福武氏、元Apple山元氏などが支援。2011年は2倍の売り上げに成長し、現在は国内の電動バイク市場シェアNo.1。現在はフィリピンの電動三輪市場参入を発表し、本格的にアジアでの事業を展開中。信条は「2倍の質で2倍働く、“4倍速”の経営」。


Copyright © プレジデントアカデミー by Business Bank Group.  All rights reserved.