愛されるアイデアのつくり方|プレジデントアカデミートピックセミナー(東京開催) | 日本全国15,000人の社長が支持する経営改革プログラム|PRESIDENT ACADEMY
プレジデントアカデミー:選ばれる理由プレジデントアカデミー:セミナー情報プレジデントアカデミー:参加者の声プレジデントアカデミー:入会案内

TOPIC SEMINAR トピックセミナー

愛されるアイデアのつくり方

鹿毛様

愛されるアイデアのつくり方

鹿毛 康司

エステー株式会社
宣伝部長


日程: 2012年9月19日(水)
時間: ※終了しました

(受付開始 18時30分)

会場: クラブハウス会議室 赤坂

赤坂駅徒歩2分/溜池山王駅徒歩3分

定員: 50名
Pocket

”ミゲルくん”産みの親が語る「愛される仕事」をする方法


 「 ラーラーララーラララララララ♪ 」

 

 「 ショウ、シュウ、リィキ~~~~~~~♪ 」

 

 

 

可愛らしい少年が唄うこのCM。

覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

 

 

今回の講師、鹿毛康司(かげ こうじ)先生(エステー特命宣伝部長)が作るCMは、


何をバカなことを・・・と思いながらも、


クスりと笑ってしまう。そんなCMです。

 

 

日本では毎月1千本以上のCMが制作され、

4千本以上がオンエアされます。

 

その中で生活者に愛され、記憶に残るCMは多くはありません。

 

 

徹底的にお客様に向き合い、

お客様と目線を合わせる。

 

 

鹿毛先生の広告に向かう姿勢は、

すべてのビジネスパーソンのお手本のようです。

 

 

あなたも「愛される仕事をする」

とはどういうことか、本セミナーで考えてみませんか?

鹿毛様

鹿毛 康司

エステー株式会社
宣伝部長


鹿毛 康司(かげ こうじ)1959年生まれ。福岡県出身。早稲田大学商学部卒業後、雪印乳業(現・雪印メグミルク)に入社。ドレステル大学にてMBAを取得(マーケティング、国際ビジネス)。帰国後、同社の営業改革を担当。2000年の雪印集団食中毒事件、2001年の牛肉偽装事件における被害者・マスコミ対応の最前線に立つ。社員7人を募って「雪印体質を変革する会」を結成して、「雪印社員一同」名義で新聞に謝罪広告を出すなど、信用回復運動を展開した。2003年、自ら希望退職の募集に応じて同社を退社。同年、エステーに入社する。宣伝部長として広告すべてのクリエイティブディレクターをつとめる。エステーの広告予算は、同業他社の5分の1程度だったが、CM好感度ランキング上位に入るCMを続々と制作。2011年には震災復興の願いを込めた「消臭力~ミゲル君」で好感度ランキング1位を奪取。ACCゴールド賞を受賞。


Copyright © プレジデントアカデミー by Business Bank Group.  All rights reserved.