電子書籍の可能性丨プレジデントアカデミー トピックセミナー(東京開催) | 日本全国18,000人の社長が支持する経営改革プログラム|PRESIDENT ACADEMY
プレジデントアカデミー:選ばれる理由プレジデントアカデミー:セミナー情報プレジデントアカデミー:参加者の声プレジデントアカデミー:入会案内

TOPIC SEMINAR トピックセミナー

電子書籍の可能性

20120627suzuki

鈴木 雄介

株式会社イーブック
イニシアティブジャパン取締役会長


日程: 2012年6月27日(水)
時間: 19時00分~20時30分

(受付開始 18時30分)

会場: クラブハウス会議室 青山

青山一丁目駅5番出口 徒歩2分

定員: 30名
Pocket

 

電子書籍のダウンロードサイト

 

「eBook Japan」

 

http://www.ebookjapan.jp/ebj/)を手がけている

 

イーブックイニシアティブジャパンは、

 

老舗の出版社や大手メーカーなどを飛び出した5人が設立した企業です。

 

 

 

5人はそれぞれの華々しいキャリアを捨て、SAVE TREES!を事業コンセプトに、

 

電子書籍をによる≪返本問題の解決≫を目指しています。

 

 

「電子書籍では、デジタル化することで在庫という概念がなくなり、

 

これまで出版業界が抱えてきた紙の問題を一気に解決する」

 

 

と語る鈴木雄介先生。

 

 

 

起業から10年、マンガ配信ではいまや「世界最大」規模を誇り、

 

2011年9月に東証マザーズ上場を果たしました。

 

 

 

電子書籍市場は、個人の読み物として、だけでなく図書館用読書モニター、

 

写真立て、医療用カルテ、整備マニュアルと応用範囲が広く

 

今後大きなニーズが待っているとされます。

 

 

 

出版界を登りつめそこを飛び出し、新たな挑戦を続ける鈴木雄介先生より、

 

起業から上場までの道のり、また「電子書籍」をめぐる新しいビジネスの可能性について

 

語っていただきます。

 

 

20120627suzuki

鈴木 雄介

株式会社イーブック
イニシアティブジャパン取締役会長


昭和42年3月、同志社大学(経済学部)を卒業。昭和42年9月、小学館に入社。『女性セブン』、『週刊ポスト』編集部など。昭和62年4月、同社『週刊ポスト』編集長に就任。平成4年3月、同社インターメディア部・電子編集センター次長。DTP(ディスクトップパブリッシング)による単行本の編集出版にいち早く着手。また、マンガ、絵本、実用図書、百科事典などのCD-ROMを製作・出版する。平成10年9月、電子書籍コンソーシアム副代表に就任。衛星配信による電子書籍の『ブックオンデマンド』の実験を実施。平成12年5月、小学館を退社、(株)イーブックイニシアティブジャパンを設立し代表取締役に就任。平成22年4月、同社取締役会長に就任。(現在に至る)


Copyright © プレジデントアカデミー by Business Bank Group.  All rights reserved.