『平凡なことを非凡に努める!凡事徹底』|プレジデントアカデミープレミアムセミナー | 日本全国18,000人の社長が支持する経営改革プログラム|PRESIDENT ACADEMY
プレジデントアカデミー:選ばれる理由プレジデントアカデミー:セミナー情報プレジデントアカデミー:参加者の声プレジデントアカデミー:入会案内

SEMINAR REPORT セミナーレポート

凡事徹底 平凡なことを非凡に努める!

プロフィール

鍵山 秀三郎氏

日本を美しくする会 
相談役


日程: 2013年2月19日(火)
Pocket

今回は、イエローハット創業者である

鍵山秀三郎先生にお越しいただきました。

 

講演テーマは「凡事徹底」。

 

企業をゼロから一部上場まで率いた鍵山氏に、

ご自身の経験の中で得た成功の秘訣

についてお話いただきました。

 

◇成功と失敗の分かれ道

 

あなたはどちらの方が多いですか?

 

「やっておいてよかった」

「やっておけばよかった」

 

この2つは、人生の成功と失敗を分ける

大きな違いであると先生はおっしゃっていました。

一日、一週間単位で見れば微差でしかありませんが、

一ヶ月、一年経つと、大きな違いを生みます。

 

「微差の積み重ねが大差を生む」

 

一見物凄く小さなことにしか思えないようなことこそ、

徹底することが大切である事を再確認させられました。

 

 

 

◇”凡事徹底”とはなにか

 

日本を美しくする会の相談役鍵山氏。

 

「掃除」誰でもできる凡事を、

誰にも出来ないレベルで極めている鍵山氏にとって、

『凡事徹底』とはな何なのでしょうか。

 

鍵山氏は、3つの条件があるとおしゃっていました。

 

・全てに行き渡ってること

・その人の主義と行動が迷うことなく一貫していること

・全ての物を活かし尽くすこと

 

「大きな結果は、凡事の積み重ねの上にある」

一代でイエローハットという上場企業を

築いた鍵山氏の言葉には重みがありました。

 

これだけ凡事徹底を実践している鍵山氏ですが、自身はまだ

「凡事徹底できていない」とおっしゃっていたことが印象的でした。

 

凡事を徹底していくためには、追求し続けていく姿勢が大切なんですね。

 

 

◇3つの幸せ

先生がいつも講演の最後に紹介される言葉です。

 

人生には3つの幸せがあると言います。

 

・もらう幸せ

・できる幸せ

・与える幸せ

 

 

鍵山氏は、中でも3つめの「与える幸せ」が

最も大きな幸せであるとおっしゃっていました。

 

経営者とは、社会に価値を「与える」仕事であり、

この3つめの「与える幸せ」を味わいやすい

のではないかと思います。

 

経営者の皆様がこの幸せを最大限味わえるよう、

今後も皆様に上質な学びを提供していきたいと思います。

プロフィール

鍵山 秀三郎氏

日本を美しくする会 
相談役


1933年、東京都生まれ。52年、疎開先の岐阜県立東濃高校を卒業。53年、上京して自動車用品会社「デトロイト商会」に入社。61年、独立して「ローヤル」を創業。当初は自転車1台から行商をスタートさせた。97年、東証第一部上場とともに、社名を「イエローハット」に変更。98年、同社相談役となる。誰にでもできる簡単なことを徹底して実践する「凡事徹底」を信条とし、創業以来“掃除”を続けている。創唱した「日本を美しくする会」の活動は国内外にまで広がる。現在、同会の相談役を務めている。著書に「小さな実践の一歩から」「凡事徹底」(致知出版社)、「一日一話」(PHP研究所)など。


Copyright © プレジデントアカデミー by Business Bank Group.  All rights reserved.